FlatpackによるLibreOffice

Flatpack形式でのLibreOffice

Flatpak は広範囲な異なったディストリビューションで動作するLinuxアプリケーションの配布イメージのクールで新しい方法です。安全な方法でそれで動作します。

LibreOffice “fresh”のFlatpackビルドはLibreOffice 5.4.2から開始され Flathub で提供されています。(ダウンロードのダイレクトリンクは org.libreoffice.LibreOffice.flatpakref)。

LibreOffice 5.4.3までは、TDF のインフラ経由でFlatpackビルド(x86-64のみ)を直接提供していました (古いダウンロードへのダイレクトリンクは LibreOffice.flatpakref)。 これらの古いバージョンではFlatpackのブランチ名として “fresh” を使っていましたが、(技術的な理由で) Flathub のバージョンではFlatpackのブランチ名として “stable” を使用していました。 新しい Flathub のバージョンに切り替える時は、以下のようにコマンドラインで古いバージョンを削除できます

flatpak uninstall org.libreoffice.LibreOffice//fresh

注意する事項:

  • LibreOffice FlatpakはLibreOfficeの GTK3 バックエンドを使用しています。それはWaylandへのサポートを含むLibreOfficeの最も完全なセットを提供します。古いバージョンの LibreOffice Flatpak はGNOMEランタイムをベースにしていました。しかし、LibreOffice 6.0.3から機能への多くの悪影響が無い、より小さな freedesktop.org ランタイムをベースにしました。

  • LibreOffice 6.0.3.より、ローカライゼーションデータは org.libreoffice.LibreOffice.Locale 拡張機能にオフロードしています。インストールはFlatpackのインフラストラクチャによって透過的に処理されます。

  • いまのところ、LibreOffice Software Development Kit (SDK)のFlatpackバージョンはありません。

  • Flatpak バージョンでのみ現れるバグは Flathubに報告すべきです。

最新のツイート

@libreoffice
@tdforg