AppImage版LibreOffice

AppImageは、Linux用のポータブルで利用できるアプリケーション形式です。ユーザーは、アプリケーションをインストールや依存関係を気にすることなくローリングリリース(Arch、openSUSE Tumbleweed)や安定版(Ubuntu LTS、CentOS)のLinuxディストリビューション上で簡単に実行できます。AppImageには、アプリケーションの実行に必要なファイル(ライブラリー、言語ファイル、アイコン、フォントなど)は、ユーザーのシステムにないファイルも全て同梱しています。

LibreOffice AppImageは、Linux用のポータブル版LibreOfficeです。ライブCDを含め一般的なLinuxディストリビューションのどの場所(ローカルドライブ、USBメモリ、CD、ネットワーク共有フォルダ)からでも実行できます。LibreOffice AppImageは、Basic、Standard、Fullの3つのバージョンがあり、それぞれ異なる言語セットをサポートしています。

Basic版は、デフォルト言語である英語(米国)のサポートが含まれています。

Fresh版ダウンロードStill版ダウンロード

Standard版は、英語(米国、英国)、アラビア語、中国語(簡体字、繁体字)、フランス語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、ロシア語、スペイン語のサポートが含まれています。

Fresh版ダウンロードStill版ダウンロード

Full版には、LibreOfficeがサポートする全ての言語が含まれています。

Fresh版ダウンロードStill版ダウンロード

 

その他のダウンロード

LibreOffice AppImageパッケージのウェブサイトには、その他のAppImageファイルもあります。

  • 安定版 - Basic版、Standard版、Full版のStill版AppImage(ヘルプあり・なし)とAppImageを更新するためのzsyncファイル、個別の言語ごとのFresh版とStill版があります。
  • デイリー版 - 最新Git Masterリポジトリから毎日ビルドされるアルファ版AppImageがあります。
  • 旧版 - サポートが終了したLibreOffice 3.3.0以降のAppImageがあります。

 

GUIからAppImageを実行する

  • ファイルマネージャーからAppImageのある場所を参照します

  • AppImageファイルを右クリックして「プロパティ」を選択します

  • 「パーミッション」タブに切り替えて

    • Nautilusベースのファイルマネージャー(Files、Nemo、Caja)を使っている場合は「Allow executing file as program」のチェックボックスをクリックします

    • Dolphinを使っている場合は「実行可能」のチェックボックスをクリックします

    • Thunarの場合は「Allow this file to run as a program」をクリックします

    • PCManFMを使っている場合は「Execute」のドロップダウンリストを「Anyone」に変更します

  • ダイアログを閉じます

  • 実行をするには、AppImageファイルをダブルクリックします

方法を見ます.

 

端末からAppImageを実行する

  1. 端末アプリを開きます(まだ開いていない場合)

  2. AppImageファイルのある場所に移動します

  3. AppImageファイルに実行可能属性をつけます

    $ chmod a+x LibreOffice*.AppImage
  4. 実行します

    $ ./LibreOffice*.AppImage

 

注意

  • LibreOffice AppImageは、メインダウンロードページで配布されている.tar.gzファイルと同じバイナリファイルをGitHubでホスティングされている構築スクリプトを使用して再パッケージ化しています。

  • LibreOffice AppImageは、インストールバージョンのLibreOfficeが利用できるディストリビューションで実行できますが、ユーザーのシステムには、AppImageにバンドルされていないJava(Baseで使用)やGStreamer(Impressで使用)など、いくつかのライブラリーがあることを期待してます。

  • LibreOffice AppImagesは、Ubuntu 10.04 LTS、Debian 6、Fedora 12、openSUSE 11.3、Mageia 2、PCLinuxOS 2013.07.15、Puppy 6、Salix 13.37 (Slackware)、CentOS 6など古いバージョンの安定版と新しいバージョンのディストリビューションでテストされ実行されました。

  • LibreOffice AppImagesは、Solus、openSUSE Tumbleweed、Antergos (Arch)、Sabayon (Gentoo)、Tailsのローリングディストリビューションでテストされ実行されました。

  • LibreOffice AppImagesは、独自のユーザープロファイルフォルダを使用するのでシステムにインストールされているLibreOfficeのユーザープロファイルと競合することはありません。

  • LibreOffice AppImagesは、現在、64ビットの実行ファイルのみの提供のため、64ビットのLinuxディストリビューションでしか利用できません。

  • AppImagesを実行するにはFUSEが必要です。利用しているシステムにFUSEがセットアップされていない場合でも、--appimage-extractオプションを使用してAppImageの内容を抽出することができます。

  • AppImageはサンドボックス化されていません。そのような環境で実行をする場合は、こちらのガイドを読んでfirejailでサンドボックス化してください。

最新のツイート

@libreoffice
@tdforg