AppImageによるLibreOffice

AppImage はLinuxのためのポータブルアプリケーションフォーマットです。それによってユーザーはローリング・リリース(たとえば、 Arch、 openSUSE Tumbleweed) そして、安定した (例として、Ubuntu LTS、CentOS) Linux ディストリビューションで非常に簡単に、インストールの必要なしに、あるいは 依存性の心配なしにアプリケーションを実行できます。AppImageはアプリケーションを実行するために必要なユーザーのシステムにまだ存在していないかもしれないすべてのファイルをバンドルしています。 (例として、ライブラリー、翻訳、アイコン、フォント)

LibreOffice AppImage は多くの live CDに同封されているポピュラーなLinuxディストリビューション上で様々な形態(例として、USB、CD、ネットワーク共有)から起動させることが可能です。 LibreOffice AppImage は3つのバージョンが利用可能です - ベーシック、標準、完全 - それらは異なる言語のセットをサポートしています。

ベーシック 版は、デフォルト言語の、英語(US)のサポートを含んでいます。

最新版ダウンロード安定版ダウンロード

標準 版は、英語 (US と GB)、 アラビア語、 中国語 (Simplified と Traditional)、 フランス語、 ドイツ語、 イタリア語、 日本語、 韓国語、 ポルトガル語 (Brazilian と Portugal), ロシア語、スペイン語のサポートを含んでいます。

最新版ダウンロード安定版ダウンロード

完全 版はLibreOfficeによる全ての言語のサポートを含んでいます。

最新版ダウンロード安定版ダウンロード

 

追加のダウンロード

さらに、LibreOffice AppImage パッケージ webサイト上にLibreOffice Appimage があります。

  • 安定バージョン - ヘルプを含む、あるいは含まない、ベーシック、基本、完全版、AppImageをアップデートするためのzsyncファイル、そして、各々の言語の最新版と安定版のファイルを含んでいます。
  • 日毎バージョン - 最新のマスターGITアルファデイリービルドの最新のビルドの AppImageを含んでいます。
  • オールドバージョン - もはやサポートされていない3.3.0以来のLibreOfficeのバージョンのAppImageを含んでいます。

 

GUIからAppImageを起動する

  • ファイルマネージャーを開いて、AppImageの位置を閲覧する

  • AppImageを右クリックし、 ‘プロパティ’ エントリーをクリック

  • パーミッション タブを切り替えて

    • ‘Allow executing file as program’ チェックボックス、もしNautilus-ベースのファイルマネージャー (Files, Nemo, Caja)を使用しているのであれば ‘Allow executing file as program’ をクリック

    • Dolphinを使用しているのであれば ‘Is executable’ チェックボックスをクリック

    • Thunarでは‘Allow this file to run as a program’ チェックボックスをクリック

    • PCManFMを使用しているのであれば、 ‘Anyone’ でドロップダウンリストを‘Execute’ に変更

  • ダイアログを閉じる

  • 起動するためにAppImage ファイルをダブルクリック

やり方を見てください

 

ターミナルからAppImageを起動する

  1. すでに開いていないのならば、端末アプリケーションを開く

  2. AppImageの位置を閲覧する

  3. AppImage に実行権限を与える

    $ chmod a+x LibreOffice*.AppImage
  4. それを実行

    $ ./LibreOffice*.AppImage

 

注釈

  • LibreOffice AppImage は、 GitHub.によってホストされているビルドスクリプトによって、 メインのダウンロードページ で配布されている .tar.gz ファイルで見つけることのできる同じバイナリファイルをパッケージし直したものです。

  • LibreOffice AppImage はインストール版のLibreOfficeが動作するディストリビューションで動作します。しかし、Java (Baseで使用) や GStreamer (Impressで使用)のような、ユーザーシステムとして要求されるいくつかのライブラリーはAppimageではバンドルされていません。.

  • LibreOffice AppImage はこれらの安定的なディストリビューションとより新しいバージョンでテストされ動作します - Ubuntu 10.04 LTS、Debian 6、Fedora 12、openSUSE 11.3、Mageia 2、PCLinuxOS 2013.07.15、Puppy 6、Salix 13.37 (Slackware)、CentOS 6

  • LibreOffice AppImage はこれらのローリング・ディストリビューションでテストされ動作します - Solus、openSUSE Tumbleweed、Antergos (Arch)、Sabayon (Gentoo)、Tails

  • LibreOffice AppImage はそれら各々のユーザープロファイルを使用します。そのためシステムにインストールされたLibreOfficeのユーザープロファイルには影響を与えません。

  • LibreOffice AppImage は今のところ 64-ビット実行ファイルのみで利用できます。そのため64-ビットのLinuxディストリビューション上でのみ動作します。

  • AppImage は動作するために FUSE を要求します。もしシステムが FUSE セットアップ動作を持たないのであれば、--appimage-extract オプションを使用して AppImage の内容を解凍できます。

  • AppImage は sandbox化されてはいません。 それでもしそのような方法で動作させたいのであれば、firejailによってsandbox化する このガイドを読んで ください。

最新のツイート

@libreoffice
@tdforg