LibreOfficeの年表

LibreOfficeと先行者の歴史を見い出す...

1985

StarWriter 1.0 はMarco Börriesによって書かれました。当初はAmstrad CPCのCP/Mのために、後にDOSに移植されました。

StarDivision は、ドイツ北部のリューネブルクで結成されました。

 

 

1991

StarWriter Compact 2.0が収録されているStarWriter 5.5 がリリースされました。 (以下を参照)




1992

StarWriter、StarBaseとStarDrawが統合された StarOffice 1.0 がリリースされました。



 

1994

Windows、OS/2、Mac OSとSolaris (SPARC)用の StarWriter 2.0 がリリースされました。



1995

Windows、OS/2、Solaris、Mac OSで走る StarOffice 3.0 がリリースされました。

1996

StarOffice 3.1 がリリースされました。最初のLinux i386向けバージョンです。



1999

Sun Microsystems はStarDivisionを7,350万ドルで買収しました。

2000

StarOffice 5.2が個人使用では無償で使えるダウンロード版としてリリースされました。

Sun Microsystems は OpenOffice.org作成のためにStarOfficeのソースを公開しました。




2001

このオフィススイートの標準ファイル形式であるOpenOffice.org XMLがOASISコンソーシアムに提供され、これが後のOpen Document Format (ODF)に発展しす。




2002

OpenOffice.org 1.0 がリリースされました。

2003

PDFのワンクリックでのエクスポートやプレゼンテーションをFlash (SWF)にエクスポートする機能のある OpenOffice.org 1.1 がリリースされました。サードパーティーのアドオンも許可されました。

2005

OpenOffice.org 2.0 がリリースされました。オープンドキュメント形式 (ODF) が標準で使用されています。 改善点には、良いパフォーマンス、少ないメモリー使用、より優れた記述機能が含まれました。




2008

Mac OS X用のネイティブインターフェースやOOXMLのインポート、ODF 1.2のサポートを備えた OpenOffice.org 3.0 がリリースされました。 スタートセンターも新たに含まれています。




2009

Oracle は740万ドルで Sun Microsystems を買収しました。

2010

The Document Foundation が OpenOffice.org コミュニティーのメンバーによって公表されました。 オープンソースオフィスソフトウエアの発展を前進させるための非営利で、独立した、自治の、そして、民主的な財団法人です。 (2012年にベルリンで法人格を取得しました)  財団法人の主なプロジェクトはOpenOffice.orgからフォークした LibreOfficeです。




2011

LibreOffice 3.3 がリリースされました。SVG 画像のインポートや新しく改良されたフィルター (Microsoft Word、Lotus Word Pro、WordPerfect、PPTX) を含むユニークな機能を含んでいます。

OracleはOpenOffice.orgの 開発を中止し Apache Software Foundationに商標を提供しました。

デンマークのコペンハーゲン地区の13の病院が約2万5千台のPCをプロプライエタリなオフィススイートからLibreOfficeに移行することを決定しました。

LibreOffice 3.4 がリリースされました。メモリ使用量の改善、コードのクリーンアップ、改良GTK+テーマの統合、Java依存の縮小、を含んでいます。

最初の LibreOffice カンファレンス がフランスの パリで開催されました。




2012

MIMO、フリーソフトウェアに関するフランスの省庁横断作業部会は、ほぼ50万台のPC上でLibreOfficeを導入しています。LibreOfficeはエネルギー、防衛、農業そして教育など多くの省庁で使われています。

LibreOffice 3.5 がリリースされました。ネイティブのPostgreSQLドライバー、マイクロソフト Visioの.vsdファイルのインポート、ODFファイルの暗号化のためのAES暗号化のサポート、.msiファイルを使用してのマイクロソフトWindowsへのインストールの能力を含んでいます。

LibreOffice 3.6 がリリースされました。Calcのカラースケールとデータバーのサポート、ステータスバー上の単語数、新しい10種類のImpressマスターページ を含んでいます。

ドイツのベルリンで2回めのLibreOfficeカンファレンスが開催されました。




2013

LibreOffice 4.0 がリリースされました。RTF数式のネイティブなインポート/エクスポートのサポート、マイクロソフト Publisherファイルのインポートフィルター、XLSXの読み込み時間の改善、CMISのサポート を含んでいます。


バレンシア のスペイン語地区の統治組織は、学校や裁判所を含む、全ての12万台のPCにLibreOfficeを導入することを達成しました。

LibreOffice 4.1 がリリースされました。新しいサイドバー、グラデーションの背景、ドキュメントへのフォントの埋め込み、ODCファイルへのグラフのエクスポート、macOS上のCore TextとLinux上のHarfBuzzを扱ったテキストレイアウト を含んでいます。

LibreOfficeカンファレンスがイタリアの ミラノで開催されました。



2014

LibreOffice 4.2 がリリースされました。スタートセンターのファイルリスト、Calcのパフォーマンスの改善  (グラフィックカードを使った数値計算のためのOpenCLを含む) 、Apple Keynote と AbiWord のファイル のインポートフィルターを含んでいます。


The Document Foundationは、オープンソースのアプリケーションがプロプライエタリなファイル形式を扱うことを支援するライブラリを開発する Document Liberation Projectを発表しました


フランスのトゥールーズ市 は数千台のワークステーションをLibreOfficeに移行して 100万ユーロを節約したと発表しました

英国政府 は文書の標準形式としてオープンドキュメントフォーマット (ODF) を正式に採用しています

LibreOffice 4.3 がリリースされました。新しいシェイプと文字フレーム用のdrawingMLに基づく DOCX のインポート/エクスポート フィルター、PDFのインポートの改善、より良くなった基本アイコンセット、余白に印刷可能なコメント、Writerの65,536文字以上の段落のサポート を含んでいます。

LibreOfficeカンファレンスがスイスのベルンで開催されました。




2015

LibreOffice 4.4 がリリースされました。 OneDriveやSharePointへのダイレクトな接続、, Adobe PageMakerファイルのインポート、PDFの電子署名、ユーザーインターフェースの改良を含んでいます。

LibreOffice 5.0 がリリースされました。サイドバーでのスタイルプレビュー、22言語での絵文字のサポート、Writerの画像トリミングが可能、マイクロソフト Wordに互換性のあるテキストの強調表示とシェーディング、Calcの条件付き書式設定のUI を含んでいます。


イタリア国防省 は12万台のPCにLibreOfficeをインストールすると発表しました。

5回めのLibreOfficeカンファレンスがデンマークの オーフィスで開催されました。


フランスの ナント市は5千台のPCをLibreOfficeに切り替えITのコストを160万ユーロ削減したと発表しました。

台湾の宜蘭県は9千台のPCをLibreOfficeに移行しました。



2016

LibreOffice 5.1 がリリースされました。ユーザーインターフェースの改善と再構成、より多くのドキュメントのインポートフィルター、Writerの空白オプションの非表示、Impressのオブジェクトサイズの均等化機能を含んでいます。


リトアニアの警察署は8千台のPCをLibreOfficeに切り替えました。

認定された開発者はLibreOffice Online とオープンソースのファイル共有ソリューションを組み合わせてクラウドベース版のスイートを提供開始しました。

LibreOffice 5.2 がリリースされました。WriterとCalcの新しい描画ツール、単一のツールバーモデル、Calcの豊富な関数ツールチップ、DOSファイル用のマイクロソフトWordのインポートを含んでいます。


LibreOfficeカンファレンスがチェコ共和国の ブルノで開催されました。




2017

LibreOffice 5.3 がリリースされました。Writerの表スタイル、Calcの空でないセルの結合の新しいオプション、カラーとグラディエーションの管理の改善、より良いImpressのテンプレート、そして実験的なNotebookbarインターフェースオプション、初の完全なLibreOffice Onlineのソースコードのリリースを含んでいます。


LibreOffice 5.4 がリリースされました。より良くなったドキュメントの互換性やCalcのグラフの回転、Writerのカスタム透かし、Linuxでの署名されたドキュメントのトランスペアレントなOpenPGPサポートを含んでいます。


アジアでのLibreOffice認定制度の面接試験 がはじめて台北で開催されました



イタリアのローマ で200人以上の参加者でLibreOfficeカンファレンスが開催されました。



2018

デスクトップ、クラウド(LibreOfficeオンライン)、モバイル版の多くの改良が取り込まれたLibreOffice 6.0 がリリースされました。 ドキュメントの互換性が向上し、ユーザーインターフェースが洗練され、最新のヘルプシステムになりました。



これがこれまでのストーリーです。でも、これからやって来ることがもっと沢山ありますよ!

最新のツイート

@libreoffice
@tdforg