新機能

さらなるパフォーマンス、さらなる親和性向上

LibreOffice 7.0は、パフォーマンスの向上、親和性の改善など生産性を向上させるさまざまな新機能を備えた最新のリリースです。概要については、こちらのビデオをご覧ください – そして、詳細をお読みになるには下にスクロールしてください。

最先端の技術を搭載

LibreOffice標準ファイル形式のオープンドキュメント形式(ODF)がバージョン 1.3に更新されました。また、Microsoft Office OOXML形式 ― DOCX、XLSX、PPTXとの親和性についても多くの改善が行われています。

ワークフローに合わせて

LibreOffice 7.0は、使い勝手についてもさまざまな改善がされています。誤ってブックマークやフィールドを変更しないようにするために保護をしたり、ブックマークをテキスト内に表示したりすることができるようになりました。ナビゲーターは簡単に作業ができるように多くの調整がされました。いくつかの言語では引用符やアポストロフィの扱いについても改善されています。

文書にプロの輝きを

ギャラリーは刷新され、矢印やダイアグラム、アイコンなど新しいシェイプが追加されました。オブジェクトには虹彩効果やソフトエッジ効果が利用できるようになり、半透明テキストも利用できるようになりました。これらは、新しく搭載されたSkiaグラフィックエンジンによって最高のパフォーマンスで表示されます。

詳細について

LibreOffice 7.0新機能の完全なリストについては、リリースノートをご覧ください。


LibreOfficeは、The Document Foundationボランティアの協力が無くしては実現できない自由ソフトウェアです。この度のリリースでは、リリースノートに掲載された多大な作業と努力に対して開発者の方々に感謝を申し上げます。LibreOfficeとDocument Liberation Projectには協力することもできます ― 詳しくは参加方法をご覧ください。

最新のツイート

@libreoffice
@tdforg