新機能

LibreOffice 5.2のドキュメントはTSCP規格に従ったカテゴリー分類 (例えば、「社外秘」) などができます。さらに、OOXMLファイルからの署名のインポートとエクスポートを含む複数の電子署名と説明がサポートされました。

新しいシングルモードツールバーがWriterに追加されました。コンテンツに集中することを十分に手助けしてくれます。一方、新しいツールバーボタンと再デザインされたダイアログが効率的に作業させてくれます。

LibreOfficeの表計算ツールのCalcはバージョン5.2で多くのアップデートがありました:新しい機能 (それらを説明するツールチップを含む) 、他にもステータスバーのビューオプション、列と行を固定するクイックアクセス操作、シングルツールバーモード。

Impressは容易にプロフェッショナルなプレゼンテーションを作成できます。このリリースでの新しい機能には、プロパティーサイドバーでの新しいスラドパネル、カスタムアニメーションへ効果を付ける素早い方法、描画ツールを素早く表示したり隠したりするツールバーボタンなどがあります。

5.2の新しい機能の全リストはリリースノートを見てください。

LibreOfficeはフリーソフトウェアであり、the Document Foundationおよびそのボランティア貢献者なしでは存在できないでしょう。このリリースにおいては、リリースノート中に名前が載っている膨大な作業と努力を費やした開発者たちに、特に感謝したいと思います。LibreOfficeおよびDocument Liberation projectには、あなたも貢献できます。参加しようのページをご覧ください。

最新のツイート

@libreoffice
@tdforg